忍者ブログ

格安車検|研究委員会Aチーム

格安車検の体験日記。格安車検で得する方法を伝授。

HOME • Admin • Write • Comment
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「オイルチェンジャーを買えば、ほんとにお得なのか?」 というご質問や疑問などがあると思います。


手動式オイルチェンジャーを指しているのですが、エンジンオイルに関して書いてみたいと思います。


格安車検などで1回あたり¥2,000とかのオイル交換サービスがあると思いますが、これはスーパーディスカウント店とで¥1,000ちょっとで販売されているような品質と同等品かと思いますし、鉱物油です。


次にガソリンスタンドで、1Lあたり¥1,000くらいのエンジンオイルのみの交換などは、ディスカウント店で概算¥2,000~3,000で販売されているような、自動車メーカー純正のオイルと同等品かと思いますし、鉱物油です。


ガソリンスタンドで、4Lエンジンオイル約1万円、オイルエレメント¥2,000程度するモービル1などがありますが、これは、化学合成油といって、鉱物油を化学的に処理し分子の大きさが細かくしている特殊なオイルになります。


「エンジンオイルってどれを選んでも同じようなものだろうしなあ~」 


いいえ、全然違いますよ。


スポーツカーなどのようなものは、ネット検索してユーザーのメンテナンスを調べればわかりますが、「エンジンオイル¥7,000+工賃¥5,000」 などのように、主婦の人などが軽自動車に入れているオイルとはまったく単価そのものが違っています。 


どちらかといえば、お金をかけすぎているといえます。


オイルチェンジャーの話に戻しますが、


今まで工賃を支払っていた人が手動式オイルチェンジャーを購入しますと、モービル1とかでも¥4,000程度でネット通販で4Lとか購入できるようになります。


ガソリンスタンドで1回オイル交換するだけで実際に1万円もかかるようなオイルが、わずかその半額で入れられるように変わるわけですよね?


よくいわれるのですが、合成油は燃費が良くなるし、鉱物油のように高温でスラッジが発生しにくいので、エンジンが長持ちする。


でも、合成油って、高いものだと4Lとかで1万円近いお値段になりますので、そんなものを年に数回入れていますと、最終的にお金が続かなくなります。


ディスカウント店で¥2,000くらいのオイルを買い、DIYで自分で交換されている人は少なくありませんが、¥2,000出すならば、¥4,000出すほうが燃費でのお得分がより得できると考えています。


もう1つの問題は、


エンジンオイルって鉱物油を使用したりした時に顕著に出る症状として、エンジン内部にスラッジというゴミが付着していきます。


酷くなると、エンジン音がガラガラと音を立てて、ヘッドカバーを開けるとドロドロなものがこびりついた人というのが実在し、修理代がかかります。


例えば年間1万キロなど走行する人で、かつオイル交換をしない人などです。


オイルストレーナーという、エンジンオイルが通る道が詰まるとか、エンジンに負荷がかかり燃費が悪化するなどで、お金は出ていく一方です。


このスラッジがドレンボルトを開けても全部抜けないオイルパンの構造がありますので、下抜きでエンジンオイルを抜いていると、そこにスラッジのドロドロしたものがたまり、新しいエンジンオイルを買って入れてもすぐに汚れてしまいますので、オイルの性能が無駄になるという負のスパイラルが存在します。


このエンジンオイルパンという皿などを整備工場で車から取り外して、綺麗にパーツクリーナー等で清掃したりするというのもたしかに1つの手だと思いますが、手動式オイルチェンジャーで吸い出す方が断然安いです。


仮に5年使うとして、自宅に車が1台あれば、年間2回、合計10回オイル交換しますので、1回あたりいくらになるでしょうか?


トランクに入れても軽いので、仲のよい友人に貸すとさらに使用回数は増えるでしょうが、イニシャルコスト(初期費用・購入時の支払い金額)は変わらないですよね?


注意していただきたいのは、オイルチェンジャーは電動式だとモーターが焼けてその場で逝ってしまうことがあります。


なぜかといえば、エンジンオイルって、問題のある車ほど、スラッジがたまりまくりですから、吸いきれないんですよ。


この為真空式のポンプを強くお勧めしています。


さらに、オイルチェンジャーもピンキリで、どれもよさそうに見えがちですが、重要なポイントは、エンジンのオイルゲージに挿し込むホースがフニャフニャしたものが意外と多いことです。


私が買ったものは、ホースが透明で太いチェック用(中身が見えないと作業しにくい)のが1Mくらいに、さらに細くなった黒いホースで中に金属が入ったものが1Mくらいの合計2Mくらいあります。


ホースの中に金属が入っていないと、エンジンオイルゲージの穴って狭いので、まず奥まで入り込むことができませんので、オイルが抜けないことになります。


全部抜けないと意味がなくなりますので、ご注意ください。


オイルエレメントは、リフトアップしないと作業できない車も少なくありませんが、この場合は、2回に1回だけオイルチェンジャーを使っても充分お得になるので問題ないと思います。


PR
最近知人からの質問で、「福岡で格安にオイル交換できるお店を知らないか?」って聞かれました。


格安車検でオイル交換をすれば、原則無償でオイル交換してもらえるんですよ~っとお話をしました。


オイル代が無料で、オイルエレメント代のみですから¥1,500くらいの支払いになるでしょうか。


格安車検での無償オイルや、格安販売されているオイルってあまり質がよくありませんから、車検が終わり戻ってきたら、即アミダトレーディングの手動式オイルチェンジャーで全量を抜きます。


ネット通販などで買った新しいオイルをそのまま入れます。


そこで1年間使用し、1年後にまたオイルチェンジャーで交換し1年間使用しますとちょうど2年経過しますので車検となります。


それをループのように繰り返していくわけです。


格安車検を含め、一般的には鉱物油のエンジンオイルがほとんどになりますが、鉱物油は長期間使用しますと燃費が悪化しますので、ネット通販等で化学合成油を手に入れそちらを使用します。




















オイルチェンジャーという道具を使えば、誰でも簡単にオイル交換ができるということが人気になっています。

オイルチェンジャーもいろいろな種類がありますが、最近人気のあるオイルチェンジャー6L が研究委員会のイチオシになります。


一般的なお話になりますが、
自動車のオイルパンというのは構造上ドレンボルトを抜いてもすべてのオイルが抜けるわけでもないという点に着目しないといけません。


ここにスラッジと呼ばれる、ドロドロしたヘドロのようなたまってしまいますと、いくら良いエンジンオイルやオイル添加剤を入れても効果が出ないということがカー雑誌等のテストなどでも確認されています。


上から抜ける、いわゆる上抜きができるというのは、オイルチェンジャーのメリットになります。


オイルゲージという、オイル量を確認する穴に専用ホースを挿し込み、そこから4Lくらいのオイルを抜きます。


ジャッキアップしなくてもいいので、主婦の人でもスピーディーに作業ができます。


でも、オイルチェンジャーは、ホースがフニャフニャしたものが多いので、ここで商品選びの難しさが出てきます。


値段の高いオイルチェンジャーが使い勝手が良いのかと考えがちですが、実は値段の安い海外製のオイルチェンジャーの方が、ホースの中に金属が入ったものを使用しており、こちらの方が断然使いやすかったです。


オイルレベルゲージの穴というのは、エンジンフードから覗くと、真下に伸び、その後直角に曲がっています。


細くて狭い感じですので、ここはワイヤーなどの入ったホースでないと、きちんとオイルが最後まで抜けません。


オイルの最後の方にスラッジが含まれます関係で、きちんと全量オイルが抜けないと、そのオイルチェンジャーでは意味がないことになります。


商品選びが難しいオイルチェンジャーですが、言い方を変えれば、最初からきちんと商品選びさえできていれば、もう成功したことと一緒だということです。


オイル交換が自分で簡単にできるようになりますと、ディスカウント店で激安で売っている化学合成オイルというちょっと良い品質のオイルが格安で買えますので、かなりお得になります。


原油高騰などでガソリンも高値が続いていますので、この機会にぜひオイルチェンジャーを格安に手に入れてみてくださいね。














オイルチェンジャーという道具を使えば、誰でも簡単にオイル交換ができるということが人気になっています。

オイルチェンジャーもいろいろな種類がありますが、最近人気のあるオイルチェンジャー6L が研究委員会のイチオシになります。


一般的なお話になりますが、
自動車のオイルパンというのは構造上ドレンボルトを抜いてもすべてのオイルが抜けるわけでもないという点に着目しないといけません。


ここにスラッジと呼ばれる、ドロドロしたヘドロのようなたまってしまいますと、いくら良いエンジンオイルやオイル添加剤を入れても効果が出ないということがカー雑誌等のテストなどでも確認されています。


上から抜ける、いわゆる上抜きができるというのは、オイルチェンジャーのメリットになります。


オイルゲージという、オイル量を確認する穴に専用ホースを挿し込み、そこから4Lくらいのオイルを抜きます。


ジャッキアップしなくてもいいので、主婦の人でもスピーディーに作業ができます。


でも、オイルチェンジャーは、ホースがフニャフニャしたものが多いので、ここで商品選びの難しさが出てきます。


値段の高いオイルチェンジャーが使い勝手が良いのかと考えがちですが、実は値段の安い海外製のオイルチェンジャーの方が、ホースの中に金属が入ったものを使用しており、こちらの方が断然使いやすかったです。


オイルレベルゲージの穴というのは、エンジンフードから覗くと、真下に伸び、その後直角に曲がっています。


細くて狭い感じですので、ここはワイヤーなどの入ったホースでないと、きちんとオイルが最後まで抜けません。


オイルの最後の方にスラッジが含まれます関係で、きちんと全量オイルが抜けないと、そのオイルチェンジャーでは意味がないことになります。


商品選びが難しいオイルチェンジャーですが、言い方を変えれば、最初からきちんと商品選びさえできていれば、もう成功したことと一緒だということです。












グッディでオイル交換関連グッズの視察をしてきました。


2013072905.jpg







まず上記は、最近話題のボディコート剤です。


2013072906.jpg







上記は、三菱系のダイヤクイーンです。珍しいです。


2013072907.jpg







上記は日産系ですが、トヨタ系もあります。


2013072908.jpg







上記のように、オイルドレンのパッキンも売っていました。1個¥100です。

フリーエリア

アイリスオート|格安中古車オークション代行福岡

↑ クリックすればアイリスオートへジャンプします

格安車検

今までの車検にご不満の皆様、ぜひホリデー車検へ!キャンペーン実施中!
↑ クリックすれば格安ホリデー車検HPへジャンプします
1度格安車検を受けますと、2年後の車検前に¥5,000引きのリピーター割引券同封されていますので、2回目は直接お電話予約がお得です。

格安バッテリー

話題の再生バッテリーを徹底比較!

↑ クリックすれば再生バッテリーやアウトレットバッテリーHPへジャンプします

格安な輸入タイヤ

輸入タイヤ直販店 AUTOWAY

↑ クリックすれば話題の格安タイヤHPへジャンプします

フリーエリア

フリーエリア

NSFレンタルサーバー
Copyright ©  -- 格安車検|研究委員会Aチーム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]